北海道の木の椅子100人100脚展

100chairs

「北海道の木の椅子100人100脚展」

平成25年7月6日(土)~8月18日(日)
会場/工芸館展示ホール
※ この展覧会は終了いたしました ※
 

今夏札幌芸術の森では「北海道の木の椅子100人100脚展」を開催いたします。はじまりは、2010年に木工家自身によって開催された「北海道の木工家によるスツール100脚展」でした。そして今回は、その範囲を工房を自営する木工家、家具デザイナー、インテリアデザイナー、さらには企業内デザイナーまで広げて、オール北海道の椅子づくりの全体像を紹介する内容といたしました。
また、開催を記念して、椅子に関する様々なレクチャーやワークショップを開催いたします。こちらも是非ご参加ください。

kinoisu_kaijo

 

〈関連事業〉
●北海道の木の椅子100人100脚展 同時開催 「君の椅子」プロジェクト展●
 
「北海道の木の椅子100人100脚展」の関連企画として、生まれてくれた子どもたちへ椅子を贈り、誕生の喜びを伝える「君の椅子」プロジェクトの紹介展示を行っています。
旭川大学からはじまったこのプロジェクトは、現在北海道東川町、剣淵町、愛別町、東神楽町が参加していて、2009年からは地域の枠を超えたネットワーク「君の椅子倶楽部」も発足。
かけがいのない命ひとつひとつが持つその思いを形にして伝えるプロジェクトに、多くの人が賛同しています。
椅子の持つ新たな「意味」を、君の椅子プロジェクト展でご紹介します。今回、会場では「君の椅子」に実際に座ってみることができます。この機会に是非お越し下さい。

kiminoisu1
撮影:飯塚達央(フォトシーズン)
 
「君の椅子」は
・生まれた日と名前が刻まれた世界にただ一つの椅子です
・無垢の木材で作ります
・確かな技を持つ旭川家具の職人が作ります
・毎年デザインが変わるオリジナルの手作り椅子です
 
★詳細はこちら↓★

旭川大学ホームページ 「君の椅子」プロジェクト

 

●島崎信 ギャラリートーク●
7月13日(土) 13:30~15:30
会場/工芸館展示ホール
参加無料
「暮らしとデザイン -そして椅子のデザインの可能性-」
ヨーロッパ辺境の貧しかったスウェーデンにて「日用品をより美しく」というスローガンのもとに、1920年代に始まった生活改善運動、質素ではあるが、美しく豊かな生活文化を築き上げ、それは産業・観光においても、大きな社会資本となった北欧デザイン。気候・風土・人口においても共通点の多い北海道は、この北欧の事例に学ぶ点が、多くあると思います。50年ほど前に、デンマークへの留学経験があり、その後北欧の建築・デザイン・生活文化に関する多くの企画展、セミナー、出版などを手がけられてきた島崎信氏に「暮らしとデザイン」について、特に暮らしの中で、椅子がどういう役割を持つのか、日本の椅子の歴史を振り返りながら、これからの椅子デザインの可能性について、お話をして頂きます。

 

ワークショップ&レクチャー
※ワークショップ・レクチャーへの参加は、事前のお申し込みが必要です。詳細・お申し込み方法に関してはこちら(http://artpark.or.jp/tukuru/kougei-hanga/)をご覧ください。

 

①プロ向け講習会「曲げ木と接着剤」

実演を交えながら木工での曲げ木と接着剤についての講習を行います。
開催日/7月14日(日)
会場/木工房
講師/谷 進一郎氏
協力/信州木工会

 

②生木でつくるゴッホの椅子 4日間コース
削り馬を使い、生木からゴッホの椅子を制作します。
開催日/8月1日(木)・2日(金)・6日(火)・7日(水)
会場/木工房
講師/久津輪 雅氏
協力/NPO法人グリーンウッドワーク協会
★生木でつくるゴッホの椅子 特別レクチャー★
8月1日(木) クラフト工房大制作室にて開催
※レクチャーのみの参加も可能です。是非ご参加ください。

 

③マイ・チェアづくり 6日間コース
今回で8回目を迎える「マイ・チェアづくり」。プロの技術を学びながら椅子づくりの魅力を体感できる講習です。
開催日/8月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)
会場/木工房
講師/髙橋 三太郎氏、中村 曻氏
協力/木の椅子塾 sapporo
★マイ・チェアづくり 特別レクチャー★
8月10日(土) クラフト工房大制作室にて開催
※レクチャーのみの参加も可能です。是非ご参加ください。

 

100chairs