文字

  園内施設一覧 > 陶芸窯

陶芸窯

園内には個人で陶器の焼成ができる窯が用意されています。電気制御で使いやすく、また酸化、還元どちらも可能な電気窯や、焼きしめなどに向いている灯油窯、また本格的な窯焚きを行いたい方は登り窯もご利用いただけます。

扉式電気窯・上蓋式電気窯・灯油窯

%e6%89%89%e5%bc%8f扉式電気窯

焼成:電気(還元はプロパンガスを使用)

炉内有効寸法:85×55×90cm

窯入れから窯出しまでの日数:

素焼 2泊3日(目安)、本焼 3泊4日(目安)

 

上蓋式電気窯

焼成:電気(還元はプロパンガスを使用)

炉内有効寸法:118×55×66cm

窯入れから窯出しまでの日数:

素焼 2泊3日(目安)、本焼 3泊4日(目安)

 

%e7%81%af%e6%b2%b9%e7%aa%af

灯油窯

焼成:灯油(還元はドラフト制御)

炉内有効寸法:80×75×70cm

窯入れから窯出しまでの日数:

素焼 2泊3日(目安)、本焼 3泊4日(目安)

 

 

登り窯

%e7%99%bb%e3%82%8a%e7%aa%af登り窯

焼成:薪

炉内有効寸法:約1㎥

窯入れから窯出しまでの日数:10日前後(作品数によって異なります)

施設をご利用の方へ

利用時間・料金・休館日

利用区分 時間 窯の種類 料金
1日単位(1基) 11:00~翌日11:00 扉式電気窯 1,100円
上蓋式電気窯 1,100円
灯油窯 1,100円
登り窯 5,100円

休館日

休園日および陶工房休館日の窯入れ・窯出しはできません。

陶工房休館日

(1)夏季営業期間(4月29日~11月3日)の第1・第3火曜日(祝日・振替休日の場合はその翌平日)
(2)冬季営業期間(11月4日~4月28日)の月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合はその翌平日)
(3)12月29日から翌年1月3日まで(年末年始)

ご利用方法

扉式電気窯・上蓋式電気窯・灯油窯

毎月10日(休館日の場合は翌営業日)に2ヶ月先の利用分の抽選を行います。

  • 1-1.往復はがき申込:毎月10日必着
  • 1-2.窓口申込
    陶工房で配布する「窯抽選申込書」に必要事項をご記入のうえ、クラフト工房受付窓口へ。受付期限は毎月10日午後3時まで。

申込の利用日が重複した場合は抽選となります。

抽選結果は陶工房内に掲示します。(往復はがきでお申込の方には返信はがきを送付いたします)

 

  • 2.抽選後、空きがある場合は電話受付を行います
  • 3.ご予約後、利用前に申請書に必要事項を記入・提出、利用料金をクラフト工房にてお支払い
  • 4.利用日当日までに工房等管理者へ承認書を提示
登り窯
  • 1.利用日の6か月前の同日(電話受付)
  • 2.ご予約後、利用前に利用料金を クラフト工房にてお支払い
  • 3.利用日当日までに工房等管理者へ承認書を提示

お申込み・お問い合わせ

受付(予約、申請、料金支払)…クラフト工房
〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75番地 札幌芸術の森内
TEL:011-592-4122

受付時間(電話・支払窓口)…9:45~17:00

※受付時間は厳守してください ※休園日は受付いたしません

施設内設備

  • トイレ
  • 車椅子・ベビーカー貸し出し
  • 自動販売機
  • 授乳室
  • 休憩スペース(飲食可能)
  • 自動体外式除細動器

ご利用の際の注意

●利用内容について
施設は、芸術文化活動・研修等を目的として利用いただきます。打ち上げ等の酒宴および、公序良俗に違反する行為でのご利用はできません。

●工房及び陶芸窯の利用について
・材料、工房等貸出物品以外の物品、その他制作に要する物品は各自ご用意ください。
・工房内での物品販売や料金を徴収して講習会を開催するなどの営業行為はできません。発覚した場合は使用を制限させて頂きます。
・制作の指導は行っておりません。これから作品制作をはじめていく事を検討されている方は、講習会などを体験された後に、工房等管理者と相談のうえ、ご検討ください。

●駐車場について
・駐車料金は有料です(普通車500円、大型車1,200円、6枚つづり回数券1,000円)。ただし、同一施設を全日区分(宿泊または穴窯・登り窯利用)で2日以上利用する方には、センター受付窓口に駐車場 の半券(領収書)をご持参いただくと利用時間内に園外に出られる際に使うことができる臨時通行証を発行いたします。(当日出入は半券を提示していただきます)
・駐車場以外の場所での駐車は固くお断りいたします。なお、作品等の搬出入のためやむを得ない場合であっても、作業終了後は速やかに駐車場へ移動してください。

●喫煙および火気の使用について
・指定された場所以外での喫煙はできません。
・制作に要する場合を除き、火器、薬物、刀剣類等の危険物の持ち込みは禁止されております。また、制作に必要な場合は、使用開始前に施設管理者の許可を得ていただきます。

●貴重品の管理について
金品、貴重品は各自で保管してください。万一盗難、紛失等の事故が発生しても当方は責任を負いません。

●原状回復について
利用終了後は、施設の備品等を元の位置に戻してください。万一備品等を破損、紛失した時は、弁償していただきます。また、施設利用中は備品を他の施設や部屋に移動しないでください。

●ゴミのお持ち帰り
制作の過程で出る廃材、その他施設管理者が回収するゴミ以外はお持ち帰りください。

●その他お守りいただくこと
・施設、備品、展示物等の取扱いを適切に行ってください。
・許可なく撮影や金銭の収受、物品・飲食物の販売、提供はできません。
・壁、柱、窓、扉などに張り紙や壁などに釘類を打つことはできません。
・利用時間には、準備・後片付け等の時間を含みます。
・使用を承認されていない施設の利用、立ち入りはできません。
・汚れ物・動物(補助犬を除く)は施設内へ持ち込まないでください。
・不時の災害発生時に備えて利用者はあらかじめ施設の非常口、避難経路を確認してください。
・管理上必要があると認めた時は、施設の利用中であっても、工房等管理者が立ち入る場合があります。
・承認された使用内容等を無断で変更したり、使用の権利を第三者に譲渡することはできません。これに反した時は使用承認を取り消すことがあります。
・工房内において、信条や人種差別的な言動、及び政治的な行為等を禁止します。
・怒声、暴力、誹謗中傷等他人に迷惑を及ぼし、不快感や不安を与える等安全で快適な使用を著しく妨げ、又はそのおそれがある行為等を禁止します。
・事故防止および安全確保のため、工房等管理者が助言や補助をさせていただくことがあります。
・その他、随時工房等管理者の指示に従ってください。