文字

  工芸館 > 0さいからのげいじゅつのもり 木でっ粘土でっ 山あそび!海あそび!

工芸館0さいからのげいじゅつのもり 木でっ粘土でっ 山あそび!海あそび!

札幌芸術の森では「0さいからのげいじゅつのもり」展(2014.2.22-4.13/ 札幌芸術の森美術館)を皮切りに、「0さいからのげいじゅつのもり あそびのクラフト編」(2015.1.17-4.19/札幌芸術の森工芸館)、「0さいからのげいじゅつのもり ハコ×マチ×あそびlab!」(2015.12.5-2016.4.17/札幌芸術の森工芸館)を雪の影響を受ける時期に減少する子どもたちの遊び場として提供してきました。

札幌芸術の森において第4回目となる本展では、「冬に夏と遊ぶ」をテーマに、工芸館の展示室を「山ゾーン」と「海ゾーン」に区切ります。

「山ゾーン」では、山から玉が落ちてきて音が鳴る大型遊具〝階段木琴〟が登場。山の形をした木工パネルを用意し、そこにカラフルな染織糸を巻き会場を鮮やかに彩ります。「海ゾーン」では、現代彫刻家jobin.氏による魚やクラゲのモビールが宙に浮かび、壁面に影を映します。また、木の棒プールを設置し、その周辺では「キネティックサンド」という、切る・型抜き・細密な造作が可能な不思議な砂で、お城や立体物を創ります。

札幌芸術の森は雪の中ですが、工芸館の中は夏のような遊び場を体験できます。

 

※お子様連れの方向けのページがございます。

こちらもあわせてご覧ください。https://artpark.or.jp/okosamazure-karadanofujiyu/

0さいからのげいじゅつのもり 木でっ粘土でっ 山あそび!海あそび!

会期
2016年11月26日(土)〜2017年4月23日(日)
時間
午前9時45分〜午後5時00分
観覧料
無料
休館日
月曜(祝日・振替休日の場合は開館、翌火曜日休館)
主催
札幌芸術の森(札幌市芸術文化財団)
後援
北海道、札幌市、札幌市教育委員会
協力
ラングスジャパン、北海道森林組合連合会、北海道おといねっぷ美術工芸高等学校

関連情報

一覧に戻る