文字

  札幌芸術の森美術館 > 札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

札幌芸術の森美術館札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

 旅の面白さはどこにあるのでしょう。定住する地を離れ、行き先の土地ならではの観光や食を楽しみ、その土地に滞在し、見知らぬものに触れる、もちろんこうしたことが旅の目的かもしれません。しかし一方で、目的地に着いてからの行為ではなく、そこに行くまでの旅支度や地元を離れ移動する道中など、その過程にも旅の醍醐味があるのではないでしょうか。

 日常を離れ、知らないどこかに行くということへの期待と少しの不安が入り交じる、その感情の揺れ動きは、むしろ目的地に着いてからよりも、その前段階でのほうが大きいかもしれません。

 本展では旅のこうした部分に焦点をあて、「旅の行程」を想わせる様々な作品を展示、紹介します。

 移動の拠点となる駅や空港、また移動手段となる電車や飛行機、船はその先の行路への期待を膨らませます。自分が移動するだけでなく、他の誰かが移動する様、その行く末を見守ることもまた、期待と不安という同種の想いを抱かせるかもしれません。そしてこうした想いは、本を読み進めるかのような物語性や、先行きの分からないゲーム性と呼応し、旅に伴う一つの要素となることでしょう。

 北海道ゆかりの作家8名による、様々な「旅」の表現をお楽しみください。

 

出品作家:ウリュウ ユウキ/シミ書房(新明 史子、岡部 亮)/仙庭 宣之/新見 亜矢子/ニール・ハートマン/藤木 正則/藤倉 英幸/米澤 卓也

 

【関連事業】

●アーティスト・トーク「藤倉英幸~旅と風景を語り、貼り絵を語る」

出品作家の藤倉英幸氏が、作品制作と、旅の思い出について語ります。

日時:4月15日(土) 14時~15時

料金:無料

会場:美術館エントランスロビー

 

●ギャラリー・トーク

学芸員が展示室をめぐりながら、作品について解説します。

日時:4月22日(土) 14時~14時40分

料金:無料(当日有効の観覧券が必要です)

 

作品:米澤 卓也《Day Tripper》 2012年 油彩、木パネル

札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

会期
2017年4 月8 日(土)~5 月28日(日)
時間
9:45~17:00
観覧料
一般700(560)円、高校・大学生350(280)円、小・中学生150(120)円、小学生未満無料 (  )内は前売・20名以上の団体料金
休館日
4月の月曜日

関連情報

一覧に戻る