文字

  札幌芸術の森美術館 > 【予告】奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―

札幌芸術の森美術館【予告】奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―

 

スペイン、カタルーニャ自治州の州都バルセロナは、古代に遡る豊かな歴史と、19世紀に産業革命を経験したことによる経済的・文化的な先進性をあわせ持つ世界有数の国際都市です。芸術、グルメ、スポーツなど、今もなお、あらゆる面で世界中の人々を魅了してやみません。

本展では、バルセロナという都市の近代化が進んだ19世紀後半のイルダフォンス・サルダーによる都市計画から、バルセロナ万国博覧会開催(1888年)、スペイン内戦(1936-39年)に至るまでの約80年間に注目します。現在のバルセロナの景観をかたちづくった偉大な建築家アントニ・ガウディ、ドゥメナク・イ・ムンタネー、プッチ・イ・カダファルクをはじめ、サンティアゴ・ルシニョル、ラモン・カザス、パブロ・ピカソ、ジュアン・ミロ、サルバドール・ダリらによる絵画、彫刻、家具、宝飾品、図面、映像資料、写真など、約150点を展示。当時のカタルーニャに花開き、咲き誇った芸術の精華をご紹介します。

 

右図:ジュアキム・ミール《貧しき者の大聖堂》 1898年 油彩/カンヴァス カタルーニャ美術館蔵

 

 

1_09_small

フランセスク・マスリエラ《1882年の冬》 1882年 油彩/カンヴァス カタルーニャ美術館蔵

 

詳細はこちら:展覧会特設サイト(STVイベント)

 

 

【連動ワークショップ】

《バルセロナ展コラボ企画》 飾り絵皿の絵付け体験

《バルセロナ展コラボ企画》 リトグラフでポスターを刷ろう!4日間コース

【予告】奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―

会期
2019年9月14日(土)~11月4日(月)
時間
午前9時45分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場

札幌芸術の森美術館

休館日
会期中無休
主催
札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、STV札幌テレビ放送
後援
スペイン大使館、カタルーニャ州政府、在バルセロナ日本総領事館、インスティトゥト・セルバンテス東京、日本・カタルーニャ友好親善協会、北海道、札幌市、札幌市教育委員会、STVラジオ
協賛
マリエラ クラソンズジャパン、株式会社ライブアートブックス
協力
/日本航空  特別協力/カタルーニャ美術館、カウ・ファラット美術館  企画協力/神戸新聞社、キュレイターズ
助成
ラモン・リュイ財団、シッジャス文化財団

関連情報

一覧に戻る