文字

  ベストポケット出品作家 > > 高瀬 季里子

ベストポケット出品作家

高瀬 季里子

プロフィール

工房名:24K(株式会社24K)

 

たかせ きりこ
1978 札幌市生まれ
    武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科テキスタイル専攻
2008年から社会問題となっている北海道のエゾシカを有効活用する取り組みを進め、エゾシカ革の企画から、24KIRICOの企画・デザイン・制作まですべてを一貫して行う。
2012 株式会社24Kを設立する
2013 rooms LINK in TAIPEI(台湾)出展
2015 東京デザインウィーク2015出展
2016 イタリアミラノLINEAPELLEに招待される 
    LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2016北海道の匠として選出される
2018 ミラノサローネ/ミラノデザインウィーク2018に出展

 

北海道の代表的な動物、エゾシカの革を使用しました。エゾシカは近年増え続け、その有効活用が問われています。鹿革は日本でも古くから重宝され、薄くても丈夫なのが特徴です。
北海道の素材を再発見し、身近に活用される事を願い、新しいデザインを提案します。

大自然の動植物の持つ有機的なラインを強調し、オリジナルカラーの素材と手づくりのあたたかさを表現しました。


■お客様へ
鹿が増えすぎた事により、農作物や森の樹々や花が食べつくされ、バランスが崩壊し、人が増えすぎたことにより様々な開発を進め、環境は変化しています。
森の恵みに感謝し、大昔からの知恵と技術を継承し新しいデザインによる活用と本来の共生を目指しています。

出品作家一覧へ戻る

常設展示「ベストポケット」(工芸館内)
営業時間
9:45~17:00(6~8月は17:30まで)
休業日
工芸館の休館日に同じ
お問合せ
TEL.011-592-4122
常設展示「ベストポケット」