本文へジャンプ

文字

  札幌芸術の森美術館 > 終了:五十嵐威暢の世界 無意識の庭

札幌芸術の森美術館終了:五十嵐威暢の世界 無意識の庭

 

 

10月6日開幕の「札幌美術展 五十嵐威暢の世界」に先駆けて、滝川出身のデザイナー・彫刻家の五十嵐威暢によるインスタレーション作品を先行公開。

「天と地のエネルギー」、「即興と偶然と記憶」をテーマに、美術館中庭および渡り廊下に作品を展開します。

作品のすがたは、太陽や風、天候などを反映しながら刻一刻とうつりかわります。

右図:「無意識の庭」展示風景(2018年7月)撮影:酒井広司

 

 

五十嵐威暢 ふわふわ 施工風景

五十嵐威暢《ふわふわ》施工風景 撮影:酒井広司

 

 

五十嵐威暢 ころころ 制作風景

五十嵐威暢《ころころ》制作風景 撮影:酒井広司

 

 

 

五十嵐 威暢 Igarashi Takenobu

  1944年北海道滝川市生まれ。多摩美術大学卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。グラフィックデザイナーとして活動していた1970年代半ば、アクソノメトリック(透視)図法によるアルファベット作品を発表し、世界的に注目される。千葉大学、UCLAで教鞭をとったほか、多摩美術大学二部学科長及び第9代学長を務め、現在、同大学名誉教授。
 代表作はニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ、世界40カ所以上の公立美術館に永久保存されている。外務大臣表彰、勝見勝賞、毎日デザイン賞特別賞、IFデザイン賞、グッドデザイン賞など受賞多数。

 現在、北海道新十津川町のアトリエ「かぜのび」を拠点に、主にパブリックアートの制作を続けている。

 

 

協力:株式会社中川ケミカル

 本展出品作品《ふわふわ》の制作にあたり、株式会社中川ケミカルさまにご協力いただきました。

 本作は、株式会社中川ケミカル製 透明色装飾用シート IROMIZU W-50icを使用しています。

終了:五十嵐威暢の世界 無意識の庭

会期
2018年7月28日(土)~11月25日(日)
時間
午前9時45分~午後5時30分(9月以降は午後5時閉館、入館は開館の30分前まで)
会場

札幌芸術の森美術館 渡り廊下・中庭

観覧料
無料
休館日
9月25日(火)~10月5日(金)、11月4日(日)以降の毎週月曜は休館。
主催
札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)

お問い合わせ

札幌芸術の森美術館 TEL:011-591-0090

関連情報

一覧に戻る

【9/13~9/30】「緊急事態宣言」の延長に伴う施設利用制限について