文字

  札幌芸術の森美術館 > 【終了】リサ・ラーソン展 〜スウェーデンのすてきな芸術一家〜

札幌芸術の森美術館【終了】リサ・ラーソン展 〜スウェーデンのすてきな芸術一家〜

【こんなリサ・ラーソン知らなかった!人気陶芸家の知られざる傑作約190点が集結!】

リサ・ラーソンは、23歳という若さで国内の陶磁器メーカー・グスタフスベリ社に迎えられ、26年間の在籍中に約320種類もの作品を制作し、スウェーデンを代表する陶芸家となりました。その後はフリーデザイナーとして海外でも活躍し、80歳を過ぎた今も創作を続けています。コケティッシュな動物や素朴で温かみのある表情豊かな作品は、本国スウェーデンのみならず日本をはじめ世界中に多くのファンがいます。
本展は、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で開催された「リサ・ラーソンの作陶60年」展の出品作品をベースに、初期から近年に至る代表作をテーマ別に展示します。さらにご本人が所蔵するユニークピースや、初展示となる画家・アーティストの夫グンナル・ラーソンの特別展示、長女ヨハンナ・ラーソンによるニット作品も含め約190点の作品を通し、すてきな芸術一家の全貌を紹介します。

 

【北海道内最大規模!リサ・ラーソンSHOP】
素敵な陶器が、スウェーデンから届きます!展覧会限定陶器も販売。
公式グッズや新作アイテムも大集合!
※ショップへの入店は観覧券が必要になります。

 

【長女ヨハンナさん考案!マイキーポップアップカードぬり絵】

長女ヨハンナさんが札幌会場のために考案してくださったワークショップを

展覧会会場内で開催!(参加無料・当日有効の観覧券が必要)

A5サイズの紙に印刷されたマイキーに色鉛筆でぬり絵をし、ポップアップカードを作ることができます!

 

【札幌芸術の森美術館限定!展覧会連動ワークショップ】
陶芸や七宝ブローチ、手ぬぐいなどの展覧会連動ワークショップを開催予定!
芸術の森園内にある「クラフト工房」「版画工房」「佐藤忠良記念子どもアトリエ」各所をまわって、いろんなものづくりで楽しもう!
詳細は、決まり次第ホームページに掲載いたします。お楽しみに!

 

陶芸はこちら↓

講習会・ワークショップ

版画はこちら↓

https://artpark.or.jp/koshukai-workshops/?koshukai-workshop-category=hanga

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%b3%e5%b1%95%e9%80%a3%e5%8b%95%e8%ac%9b%e7%bf%92%e4%bc%9a%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%97_%e7%b7%8f%e5%90%88

 

 

【終了】リサ・ラーソン展 〜スウェーデンのすてきな芸術一家〜

会期
2018年4月1日(日) 〜 2018年6月10日(日)
時間
午前9時45分〜午後5時(6月は午後5時30分まで開館、入館は閉館の30分前まで)
会場

札幌芸術の森美術館(札幌市南区芸術の森2丁目75番地)

観覧料
一般 1,000(900)円、高校・大学生 700(600)円、小・中学生 400(300)円、小学生未満 無料 ※( )内は前売料金、または20名以上の団体料金 ※65歳以上の方は当日料金が900円(団体800円)になります。年齢のわかるものをご提示ください ※障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくとご本人と付き添いの方1名が無料になります。 ※再入場割引:使用済みのチケット半券をご持参いただくと当日料金から半額になります(1回限り有効)。
休館日
休館日:4月2日(月)、9日(月)、16日(月)、23日(月)
主催
札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、STV札幌テレビ放送
後援
スウェーデン大使館、北海道、札幌市、札幌市教育委員会
協賛
フィンエアー、フィンエアカーゴ
協力
特別協力/ロェースカ美術工芸博物館 企画協力/トンカチ 企画/アートインプレッション

お問い合わせ

札幌芸術の森美術館(TEL:011-591-0090)

関連情報

一覧に戻る