文字

  札幌芸術の森美術館 > 【予告】ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

札幌芸術の森美術館【予告】ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

 2018年、札幌芸術の森美術館では、「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」を開催いたします。

 

 16世紀フランドルを代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世。その画家としての才能は息子のピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世、さらに孫、ひ孫の代まで受け継がれ、ブリューゲル一族はおよそ150年に渡り、優れた画家を輩出し続けました。

 

 本展は、貴重なプライベート・コレクションを中心に選び抜かれたおよそ100点を通じて一族の画業を辿るもので、これまでにローマやパリなどでも開催されました。

 

 ピーテル1世からひ孫のアブラハムらに至る4世代の画家たちと同時代のフランドルの画家たちが描いた宗教画、風景画、風俗画、静物画など多岐に渡る作品から、一族に脈々と受け継がれた画家の魂を感じ取っていただけることでしょう。

 

※展覧会名、会期、出品作品は変更になる場合がございます。

※物販・チケット情報等につきましては、STVの展覧会紹介ページもご参照ください。

 

 hp%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%ab%e4%ba%8c%e4%b8%96%e3%80%8a%e9%87%8e%e5%a4%96%e3%81%a7%e3%81%ae%e5%a9%9a%e7%a4%bc

ピーテル・ブリューゲル二世《野外での婚礼の踊り》1610年頃、個人蔵

 

SONY DSC

ヤン・ブリューゲル一世、ヤン・ブリューゲル二世《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》1615-1620頃、個人蔵

【予告】ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

会期
2018年7月28日(土)~9月24日(月・振休)
時間
7、8月:午前9時45分〜午後5時30分(入館は午後5時まで)/9月:午前9時45分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場

札幌芸術の森美術館

〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75番地

観覧料
一般 1,500円(1,300円)、高校・大学生 800円(600円)、小・中学生 600円(400円)、小学生未満 無料  ※( )内は前売料金、または20名以上の団体料金 ※65歳以上の方は当日料金が1,300円(団体1,200円)になります。(年齢のわかるものを提示) ※本郷新記念札幌彫刻美術館の半券をお持ちの方は、( )内の料金でご覧いただけます。
休館日
会期中無休
主催
札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、STV札幌テレビ放送、読売新聞社
後援
北海道、札幌市、札幌市教育委員会
協賛
光村印刷、石屋製菓
協力
協力:日本通運、企画協力:NTVヨーロッパ、特別協力:ARTHEMISIA

お問い合わせ

札幌芸術の森美術館

011-591-0090

関連情報

一覧に戻る