文字

  工芸館 > 【予告】北と手仕事 このみち

工芸館【予告】北と手仕事 このみち

 

北海道で活動する9人の作り手の作品を展示・販売します。

制作手法、道具、技法など、作品が完成するまでの道のりをたどり、

これから続く北海道工芸の未来を見つめます。

 


 

【出品作家】 

伊庭崇人(家具工房 伊庭善):木工/美瑛

木村直樹(KIM GLASS DESIGN):ガラス/小樽

熊谷まき(MAKI GLASS WORKS):ステンドグラス/札幌

瀬戸晋:木工/旭川

大門和真(アートクラフト・バウ工房):木工/東川

丹野雅景(丹野製作所):木工/旭川

丹野ゆり(丹野製作所(tek)):デザイン/旭川

藤田丈裕:漆芸/東川

堀内亜理子:漆芸/旭川

 

 

 

【関連事業】

こっぱでモビールをつくろう

木っ端や棒にペイントをして、紐を通してゆらゆら揺れるモビールを作ります。

お子様一人につき1つ制作、親子での参加。

講師:丹野ゆり 丹野製作所(tek)

日時:201883日(金)13:00-15:00

参加費:211,800円、313,600

定員:10

会場:陶工房ワークショップルーム

対象:小学生以上のお子様と保護者

 

木のカトラリーづくり

小さな鉋などで木材をけずり、カトラリーを作ります。

(小学生は箸のみ)

講師:瀬戸晋

日時:2018818日(土)13:00-16:00

参加費:箸1,500円、スプーン2,000

定員:8

会場:陶工房ワークショップルーム

対象:小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴)

 

金継ぎ教室 3日間コース

漆塗りの技術を用いて器を修理する金継ぎの技法を学びます。

(欠けやひびのある器が対象。割れは不可。)

講師:堀内亜理子

日時:2018819日(日)・826日(日)・92日(日)各日1400-1600

参加費:10,000円(材料費込)

定員:6

会場:陶工房ワークショップルーム

対象:中学生以上

※欠けのある器(割れは不可)3点までお持ちください。

※本うるしを使用しますので、皮膚が弱い方はご遠慮願います。

 

 

*申込方法*

電話予約・先着順

2018年7月20日(金)より受付開始

札幌芸術の森美術館 011-591-0090(9:45~17:00)

 

予約優先のため、定員になり次第受付を終了いたします。

 

 

 

チラシ

 

 

 

【予告】北と手仕事 このみち

会期
2018年7月28日(土)~2018年10月8日(月・祝)
時間
午前9時45分〜午後5時30分(9月以降は午後5時まで)
会場

札幌芸術の森工芸館

観覧料
無料
休館日
会期中無休
主催
札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)
後援
北海道、札幌市、札幌市教育委員会

お問い合わせ

札幌芸術の森美術館

011-591-0090

関連情報

一覧に戻る