本文へジャンプ

文字

ベストポケット出品作家

阿妻 一直

陶芸

プロフィール

工房名:札幌焼 盤渓窯

 

北海道の粘土を主に、制作する種類により他の産地の粘土とブレンドし、札幌焼盤渓のオリジナルカラーとしております。

碧海波釉(海鼠釉)には特に拘りを持ちまして、地元盤渓の土を主にブレンドし、特徴ある窯変ブルーに焼き上げ、広く皆様の支持を得ております。

 

Message

札幌焼は明治36年に設立され、現在は盤渓窯 阿妻一直が札幌焼を受け継ぎ、「札幌焼盤渓窯」として作品制作を行っています。

 

kazunao azuma

1954年 札幌市西区八軒に生まれる
1970年 岩見沢市の「こぶし陶苑」初代 故 山岡三秋(みあき)氏、二代目 山岡 憬(さとり)氏に師事
1976年 作陶の場を秋田県の「楢岡(ならおか)焼」に移し、四代目 故 小松幸一氏に師事
1981年 札幌市西区八軒に「一直(いっちょく)焼八軒窯」を築いて独立
1986年「札幌焼八軒窯」に改名
1997年 陶房を札幌市中央区盤渓に移し、「札幌焼盤渓窯」として穴窯型式地下窯を築いて現在に至る
1999年「北海道陶芸会30周年記念展」出品(北海道立近代美術館)
2008年「北海道陶芸会40周年記念ポートランド展」出品
2009年「北海道陶芸会40周年記念展 土と炎の饗宴」出品(札幌芸術の森美術館)
2010年 札幌丸井今井本館美術工芸ギャラリーにて個展(以後毎年)
2014年「札幌焼盤渓窯 阿妻一直 還暦記念展」(札幌丸井今井本館美術工芸ギャラリー)
米オレゴン陶芸家協会(OPA)会員となる
2016年 オレゴン陶芸家協会主催セラミックショウケースに出展、ポートランド市で個展とワークショップ開催
    第1回 日本陶磁協会「現代陶芸奨励賞」北海道奨励賞
2018年 札幌焼盤渓窯 阿妻一直作陶展(札幌三越ギャラリー)

阿妻 一直

出品作家一覧へ戻る

クラフトギャラリー“ベストポケット”(工芸館内)
営業時間
9:45~17:00(6~8月は17:30まで)
休業日
工芸館の休館日に同じ
お問合せ
TEL.011-592-4122
クラフトギャラリー“ベストポケット”
【2022年11月3日(木曜日)まで】
野外美術館観覧料無料キャンペーン実施中!