本文へジャンプ

文字

  ベストポケット出品作家 > > 東野 早奈絵

ベストポケット出品作家

東野 早奈絵

プロフィール

工房名:北の紙工房 紙びより

紙びより工房は北海道で希少な手すき和紙工房です。
雪をふみしめた足あと、ラベンダーの香りなど北海道らしい風景や素材を取り入れ
作り手の気配が残るような温かみのある和紙を制作しています。
北海道の植物を素材に用いるなど新しい試みにも挑戦しています。
北海道の風土や豊かな自然、人々の気質などを感じながら、
デザインや素材、材料そのものなどに北海道らしさを取り入れた和紙作りにこだわっています。

 

お客様へ

植物から人の手と長い時間をかけて作られる手すき和紙には、温かさややさしさが宿っています。
とっておきの時間を過ごすとき、大切な人へのお手紙や贈り物に使っていただきたいです。

 

Sanae TONO

美術科、理科教師、雑貨屋店長などを勤めたのち、和紙職人を志し福井県越前和紙産地で5年間修業
2012年に独立、地元札幌で『北の紙工房 紙びより』をオープン
北海道の植物で和紙を作る挑戦「蝦夷和紙プロジェクト」開始
百貨店催事、イベント会場での出店、ワークショップ開催、講演など活動中
〔個展〕
2015年5月「東野早奈絵手すき和紙展」(大丸藤井セントラル/札幌市)
2018年3月「北海道命名150年つなぐ、漉く」(JRタワーホテル日航札幌)
〔受賞〕
2013年~札幌市地域ブランド 札幌スタイルに4製品が認証
2019年 札幌市Good商い賞 地域資源が魅力のお店部門 準グランプリ
〔メディア〕
テレビ(NHKニュース、どさんこワイド・1×8いこうよ!(STV)、UHBなど)
新聞(北海道新聞、読売新聞)
雑誌・フリーペーパー(スロウ、Air Doラポラ、HO!、北海道生活、じゃらん、オントナ、さっぽろ10区、まんまる新聞)ほか

東野 早奈絵

出品作家一覧へ戻る

クラフトギャラリー“ベストポケット”(工芸館内)
営業時間
9:45~17:00(6~8月は17:30まで)
休業日
工芸館の休館日に同じ
お問合せ
TEL.011-592-4122
クラフトギャラリー“ベストポケット”