文字

  ベストポケット出品作家 > 染織 > 中田 ゆう子

ベストポケット出品作家

中田 ゆう子

染織

プロフィール

工房名:バティック工房アトリエ・クリップ

 

なかたゆうこ
札幌出身。武蔵野美術短期大学グラフィックデザイン科卒業。
札幌の広告代理店で嘱託デザイナーとして13年間勤務後、フリーのイラストレーターとして独立。
1977 初のインドネシア観光旅行。以降20数年間インドネシア国内を旅行、バティック布を収集
1998 バリ島のジャワバティック工房「POPILERⅡ」で短期体験入門
1999 北海道文化財団芸術国際交流指導者研修・札幌市芸術文化国際交流派遣員として「POPILERⅡ」で本格的にバティック留学10ヶ月間、以降数回短期留学
2001 帰国後バティック制作を開始。札幌芸術の森バティック講習会講師
   自宅にてバティック教室開設、ホームページ公開
2002~2014 亜細亜現代展入選数回後に会員。韓国展、中国展で国際賞
2003~2018 バティック絵画の個展と企画展を7回開催(札幌)
著書 「小さな想い出 札幌の街かどで」「夢のおもちゃ箱」絵文集 北海道新聞社刊

 

Webサイト「BATIK 中田ゆう子バティック絵画の世界」
http://www.batik-yuko.com

 

インドネシアの伝統技法を基本としたバティック(ロウケツ染め)作品を制作。
チャンティンと呼ばれるロウ引きの小道具を使用して、筆では表せない滑らかなロウ線とチャンティンの形状で描ける点々を活かした染め絵画が特徴です。
チャンティンのロウ付け作業の正確さと線の美しさにこだわっています。
暮らしの中で楽しめる色彩のコントラストに気をつけています
インドネシアバティックの伝統と歴史に敬意をはらって作業しています。

 

■お客様へ
海外から渡ってくる様々な異国の布、海外の文化を楽しんでいただきたいです。
色止め加工をしていますが、直射日光でのご使用はお避けください。
ハンカチとモバイルケースのお洗濯は手洗いでお願いします。

 

 

中田 ゆう子

出品作家一覧へ戻る

常設展示「ベストポケット」(工芸館内)
営業時間
9:45~17:00(6~8月は17:30まで)
休業日
工芸館の休館日に同じ
お問合せ
TEL.011-592-4122
常設展示「ベストポケット」