高橋コレクション マインドフルネス!

草間彌生《かぼちゃ》 1990年  copyright of Yayoi Kusama, courtesy of Ota Fine Arts
草間彌生《かぼちゃ》 1990年  copyright of Yayoi Kusama, courtesy of Ota Fine Arts

草間彌生《かぼちゃ》 1990年 copyright of Yayoi Kusama, courtesy of Ota Fine Arts

会期:2013年9月14日(土)~11月24日(日)
休館日:11月5日(火), 11日(月), 18日(月)
観覧料:一般1,000(800)円、高校・大学生500(400)円、小・中学生200(160)円
*( )内は前売、あるいは20名以上の団体料金
*前売券は8月2日(金)より発売!

主催:札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社
後援:北海道、札幌市、札幌市教育委員会
協力:テレビ北海道、北海道放送
特別協力:高橋龍太郎、高橋コレクション、医療法人こころの会
企画協力:内田真由美、児島やよい

日本屈指の現代美術コレクターとしてつとに知られる高橋龍太郎氏。類い稀なる確かな眼力と瞬発力ある収集で、これまでに取得した作品はおよそ2,000点を数えます。その数もさることながら、内容的にも多岐に渡り、複雑多様に展開する日本の現代美術を氏のコレクションだけで俯瞰できるほどに充実したもの となっています。この展覧会は、その光彩放つコレクションから114点を精選し、「マインドフルネス!」と題してお送りするものです。
マインドフルネスとは、精神医学の分野で近年とみに注目されている認知療法のひとつで、常に「今」に気づきを向け、その現実をあるがままに知覚し、それに対する思考や感情にはとらわれないでいる存在の有様を意味します。ここでは、「あるがままにアートを受け入れること」「今、ここにあることの気づき」を促し、アーティストと、観る者とをつなぐ新たな観点として提示されています。
出品作家は、高橋コレクションの原点である草間彌生(14点)を始め、戦後のアートシーンを牽引してきた横尾忠則、李禹煥、森山大道、荒木経惟、次いで、舟越桂、森村泰昌、宮島達男、国際的な評価も高い奈良美智、村上隆、会田誠、大岩オスカール、そして若手のChim↑Pomなど、日本を代表する現代美術家総勢40組です。

[出品作家]
草間彌生/横尾忠則/李 禹煥/森山大道/荒木経惟/菅 木志雄/辰野登恵子/舟越 桂/森村泰昌/小林正人/宮島達男/畠山直哉/奈良美智/鴻池朋子/村上 隆/会田 誠/大岩オスカール/ヤノベケンジ/福井 篤/落合多武/小出ナオキ/川島秀明/塩田千春/平野 薫/安藤正子/鈴木ヒラク/藤田桃子/大野智史/小西紀行/橋爪 彩/塩保朋子/樫木知子/名知聡子/熊澤未来子/坂本夏子/松井えり菜/佐藤 允/近藤亜樹/ob/Chim↑Pom